最近の記事
header_logo.GIF

インドネシア語・インドネシア進出ならお任せ下さい。

JICA、インドネシアの港湾整備へ円借款


国際協力機構(JICA)は15日、インドネシア政府との間で物流機能強化のための港湾整備と産学連携施設整備の支援を目的に、2事業総額1272億1500万円を限度とする円借款貸付契約に同日調印したと発表した。

パティンバン港開発事業」と、高等教育機関を強化する「ガジャマダ大学産学連携施設整備事業」
posted by Mark at 09:59| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

MHPS、インドネシアの石炭火力発電所拡張プロジェクトの建設工事に着手

http://news.mynavi.jp/news/2017/11/17/033/

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は11月16日、東芝グループおよび韓国・現代建設との
コンソーシアムがインドネシアで受注した「チレボン石炭火力発電所拡張プロジェクト」
の建設工事に着手したと発表した。

チレボン石炭火力発電所拡張プロジェクトは、同コンソーシアムが、丸紅、
東京電力グループと中部電力による合弁会社のJERA、インドネシアのエネルギー企業
インディカ・エナジー、韓国の石炭企業サムタンおよび発電企業の韓国中部発電が
共同で出資するPT. Cirebon Energi Prasarana(CEPR)と締結したEPC(設計・調達・建設)
契約に基づき、フルターンキー方式によりジャワ島西部に出力100万kWの大規模超々臨界
圧石炭火力発電所を建設するもの。
posted by Mark at 15:19| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

インドネシア共和国におけるチレボン石炭火力発電所の拡張事業に対するプロジェクトファイナンス


  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:近藤 章)は、丸紅株式会社及び株式会社JERA等が出資するインドネシア共和国(以下「インドネシア」)法人PT. Cirebon Energi Prasarana(以下「CEPR」)との間で、同国チレボン石炭火力発電所拡張事業を対象として、本年4月18日に融資金額約731百万米ドル(JBIC分)を限度とするプロジェクトファイナンス*1による貸付契約を締結しています。当該貸付契約に基づき、本日、初回の融資を実行しました*2。本融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行、及びアイエヌジーバンクエヌ・ヴイの各民間金融機関並びに韓国輸出入銀行との協調融資です。協調融資総額は約1,740百万米ドルです。民間金融機関の融資部分に対しては株式会社日本貿易保険(NEXI)による保険及び韓国輸出入銀行による保証が供与されます。
     
  2. 本プロジェクトは、CEPRがインドネシア西ジャワ州チレボン県において、発電容量1,000MW(1,000MW×1基)の超々臨界圧石炭火力発電所を建設・所有・操業し、25年に亘りインドネシア国営電力公社(PT PLN(Persero))に対して売電するものです。
     
  3. 本融資は、日本企業が出資者として事業参画し、日本の高い技術を用いて長期に亘り運営・管理に携わる海外インフラ事業を金融面から支援するものであり、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。また、日本政府は、2017年5月に改訂した「インフラシステム輸出戦略」において、インフラの設計・建設・運営・管理を含むシステムの受注や現地での「事業投資」の拡大を表明しており、本件はこうした政府の施策にも合致するものです。なお、本プロジェクトは超々臨界圧石炭火力IPP*3プロジェクトであり、同国における効率的かつ環境に優しい技術導入を実現するものです。
     
  4. インドネシアでは安定した経済成長により電力需要が増大していることから、同国政府は2015〜2019年の間に35GWの発電能力増強を推進しており、本事業も同電源開発計画に位置付けられています。本融資は、インドネシアにおける安定した電力供給による経済発展にも貢献することが期待されます。
     
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、他国公的機関とも連携しながら日本企業による海外インフラ事業展開を金融面から支援していきます。
posted by Mark at 23:27| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドネシアの港湾施設建設に1200億円の円借款供与へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011222361000.html

日本とインドネシアの両政府は、首都ジャカルタの東およそ120キロにあるパティンバンで計画されている国内最大級となる新たな港湾施設を整備する事業について、去年、日本の円借款で開発することで合意
posted by Mark at 09:21| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

自動車正規販売店のアフターサービス評価、インドネシアでマツダとトヨタ首位 JDパワー調査

http://www.newsclip.be/article/2017/11/13/34625.html

2017年インドネシア自動車サービス満足度(CSI)」調査で、
マツダとトヨタが1000点満点中774点で首位に立った。

2位以下は順に、ダイハツ770点、ダットサン769点、
ホンダ768点、三菱自動車767点、シボレー763点、
スズキ763点、日産756点。

 業界平均は770点だった。
posted by Mark at 10:41| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

インドネシア産ウッドペレットを20年間固定価格で納入します。

グローバル・シーは、提携しているインドネシア・スマトラ島の
プランテーションから2020年1月より20年に渡りウッドペレットを
固定価格($160/MT)でご提供いたします。

数量は月2万トンで、アカシア科のケマルパヤンを植林します。
FSC認証も可能です。

全量契約されなくても、購入される数量の10−30%位を
この契約でリスクヘッジして頂ければ、将来的に価格が上昇
しても対応可能です。

詳しくは、グローバル・シーにお問い合わせください。
info@global-c.biz
posted by Mark at 15:10| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

下水処理施設が年内着工、パレンバン

https://www.nna.jp/news/show/1683980

インドネシア公共事業・国民住宅省は、南スマトラ州パレンバン市で年内に下水処理施設の建設工事を始める。2021年の完了を予定している。
posted by Mark at 10:24| Comment(0) | 水処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドネシアのGDP 市場の予想下回る

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011213331000.html

インドネシアの、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産は、
前の年の同じ時期と比べ、5.06%のプラスで、個人消費が伸び
悩んだ影響で、市場の予想を下回りました。
posted by Mark at 10:22| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クアラタンジュン港、来年1Qに稼働予定

https://www.nna.jp/news/show/1683711

インドネシアの港湾運営プラブハン・インドネシア(ペリンド)1は3日、北スマトラ州クアラタンジュン港の再開発第1期工事部分を2018年3月までに稼働する計画だと明らかにした。
posted by Mark at 01:18| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【インドネシア】中国高速鉄道ガタボロ計画・ジャカルタ―バンドン本格的な建設工事2018年からか!?

【インドネシア】中国高速鉄道ガタボロ計画・ジャカルタ―バンドン本格的な建設工事2018年からか!?
posted by Mark at 01:13| Comment(0) | 都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

アジア通貨動向(3日)=上昇、インドネシアルピアの上げ目立つ

https://jp.reuters.com/article/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%8B%95%E5%90%913%E6%97%A5%EF%BC%9D%E4%B8%8A%E6%98%87-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%94%E3%82%A2%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%92%E7%9B%AE%E7%AB%8B%E3%81%A4-idJPL4N1N91UQ

Change on the day at 0454 GMT
Currency Latest bid Previous day Pct Move
Japan yen 113.98 114.08 +0.09
Sing dlr 1.3603 1.3588 -0.11
Taiwan dlr 30.170 30.186 +0.05
Korean won 1113 1114.4 +0.11
Baht 33.100 33.12 +0.06
Peso 51.290 51.42 +0.25
Rupiah 13465 13550 +0.63
Rupee 64.56 64.61 +0.07
Ringgit 4.231 4.229 -0.05
Yuan 6.619 6.6090 -0.15

Change so far in 2017
Currency Latest bid End 2016 Pct Move
Japan yen 113.98 117.07 +2.71
Sing dlr 1.3603 1.4490 +6.52
Taiwan dlr 30.170 32.279 +6.99
Korean won 1113 1207.70 +8.49
Baht 33.100 35.80 +8.16
Peso 51.290 49.72 -3.06
Rupiah 13465 13470 +0.04
Rupee 64.560 67.92 +5.20
Ringgit 4.231 4.4845 +5.99
Yuan 6.619 6.9467 +4.95
posted by Mark at 14:03| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【インドネシア】バンテン州最低賃金、初の200万ルピア超え[労働]

https://this.kiji.is/298865617741071457?c=113147194022725109

バンテン州労働移住局のアルハミディ局長によれば、今年の最低賃金
193万1,180ルピアから8.71%引き上げた。
posted by Mark at 00:35| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

国産電動スクーター、販売台数は月500台

https://www.nna.jp/news/show/1681752

インドネシアの二輪車メーカー、トライアングル・モトリンドが
6月に発売した電動スクーター「Q1」の販売が好調だ。

月間の販売台数は500台に達した。販売台数を月2,000台まで増やす計画だ。
Q1の価格は1,670万ルピア(約14万円)。

ジョナン・エネルギー・鉱物資源相は、デデン氏らと会談後、記者団に
対し「(Q1のような)環境にやさしい製品は今後さらに受け入れられる
だろう。国内に新しい市場を作り出す」と称賛した。
posted by Mark at 17:22| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資源ブミ、石炭ガス利用の石化プラント建設

https://www.nna.jp/news/show/1681761

インドネシアの資源大手ブミ・リソーシズは、東カリマンタン州に石炭ガスを
利用した石油化学プラントを建設する。

投資総額は6億米ドル(約679億円)、建設期間は3年間を見込んでいる。
posted by Mark at 17:19| Comment(0) | 産業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする