最近の記事
header_logo.GIF

インドネシア語・インドネシア進出ならお任せ下さい。

2017年12月29日

2017-12-29 1


学研HD、アジアで放課後教育 まずインドネシア
学研ホールディングス(HD)はアジアで小学生向けに、放課後の教室を使った教育サービスを始める。まず2018年1月からインドネシアで実施する。5年以内に5万人程度への提供を目標とする。現地の教員に学研のもつ教育指導のノウハウも伝授する。東南アジア諸国連合(ASEAN)など他国での展開も検討する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱UFJが巨額買収でインドネシア進出、3メガ銀の競争はアジアへ
買収先はインドネシアのダナモン銀行。銀行業界において時価総額で同国第5位を誇る商業銀行で、大企業や中小企業の融資に加え、自動車ローンも得意とする。 三菱東京UFJは、今回の買収によって出資分の利益を連結決算に取り込みながら、地場企業との関係強化も戦略の柱に据える。 すでに買収計画は動き始めて ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
スパイスボックス、中国、タイ、インドネシア台湾を中心とするアジア地域に進出。現地企業向けに ...
株式会社スパイスボックス株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO 島田雅也、以下 DAC)の支援のもと、中国、タイ、インドネシア台湾を中心とするアジア地域で、現地企業および ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱製鋼、インドネシア社を子会社化
三菱製鋼は27日、2018年1月にインドネシアの電炉メーカーを連結子会社にすると発表した。現在35%を出資しているが、32億円を投じて出資比率を… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで! 無料・有料 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
(特派員メモ)「ゴム時間」に右往左往 @インドネシア・スマトラ島
インドネシア語に「ジャム・カレ」(ゴム時間)という言葉がある。時間は伸び縮みするから、物事は予定通りに進まない。そんな意味だ。12月にスマトラ島奥地に出張して首都ジャカルタへ帰る時が、まさにそれだった。 長距離鉄道と飛行機の最終便をはしごすることになり、乗り継ぎは2時間。駅と空港との距離からしてのんびり ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
スマトラ島で火山噴火 インドネシア、死者なし
... 【ジャカルタ共同】インドネシア・スマトラ島北部のシナブン山(2460メートル)が27日、噴火した。周辺の村々にまで噴煙が到達したり、降灰が観測されたりしたが、国家災害対策庁によると死者は確認されていな... ≫ 続きはこちら. 出典:共同通信 更新:2017/12/28 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東京五輪 インドネシアバドミントンチーム 事前キャンプ地に
3年後の2020年に開かれる東京オリンピックに向けてインドネシアのバドミントン代表チームが事前キャンプを熊本で行うことを決めました。県では、これまでキャンプ地の誘致のためインドネシのバドミントン協会などと交流を深めていて、27日、協会から正式決定の通知が県に届いたということです。練習会場については ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ガルーダ・インドネシア、山梨県と相互協力協定を更新 3年間延長
ガルーダ・インドネシア航空は2017年12月20日(水)、ジャカルタのガルーダ・インドネシア航空の本社で山梨県と相互協力協定を更新しました。 この覚書は、2013年の締結当初は1年間の契約でしたが、前回更新時に2年間の延長が行われ、今回は、2016年開催されたサイクリングツアーや、山梨県甲府市で開催された「第46 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電、依然として有効利用されず
インドネシア政府は2025年までに、太陽光発電による電力供給の割合を23%に引き上げる目標を掲げているが、依然として太陽光発電の有効利用が進んでいない。28日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 政府は公共施設やビルのほか、一般家庭への太陽光パネルの普及も目指しているが、設… 関連国・地域: インドネシア.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ガス供給過多、国内消費の伸び悩みなどで
インドネシアのガス供給が需要を上回る状態が続いている。国内消費の低迷や、政府が策定した需要量の見通しが不正確なことが背景にある。28日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 国営ガスPGNによると、2016年のガス需要量は国内・国外市場向けを含め6,676MMSCFD(百万立方フ… 関連国・地域: インドネシア.
posted by Mark at 12:10| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。