最近の記事
header_logo.GIF

インドネシア語・インドネシア進出ならお任せ下さい。

2018年05月08日

2018-5-8

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、言葉狩り...... インドネシア、政治の年に高まる緊張
特にヘイトスピーチだ、反イスラムだ、国家と民族を分断しようとする誹謗中傷だとして個人攻撃や警察への告発が多発、公の場での謝罪に追い込まれたり、警察の事情聴取を受けたり、脅迫されたりと「言葉狩り」のような状況は「モノ言えば唇寒し」という閉塞社会にインドネシを次第に追い込みつつあり、一触即発の事態への ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
鶴田真由、インドネシア語で演技 ディーン・フジオカ「鳥肌立った」
鶴田は「ページをめくる度にインドネシア語って書いてある。これは帰国子女の人がやったほうがいいんじゃないかなってくらい、いっぱいしゃべりました」と苦労を吐露。日系インドネシア人を演じた太賀(25)もインドネシア語に挑み、ディーンは「隣でお2人を見ていて、本当にすごいなと。鳥肌が立ちました。せりふって覚えるだけ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東南アジア株式・引け=インドネシアが消費株主導で反発、マレーシア続落
[7日 ロイター] - 東南アジア株式市場はインドネシア・ジャカルタ市場が1.6%上昇した。中国がインドネシア産パーム油の輸入を増やす公算が大きいことを受けて、消費関連株がジャカルタ市場全般の上昇を主導した。一方、クアラルンプール市場は9日の総選挙を控えて4営業日続落となった。 中国の李克強首相は7日、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
フコク物産、インドネシア工場を拡張
フコク物産は、油圧ホースのアセンブリを行うインドネシアの100%子会社「フコク インダストリーズインドネシア」の生産能力を増強する。工場建屋を約2倍に拡張し、生産設備を1ライン増設して4ライン体制にする。これにより年間生産量を現状の30万本から36万本に拡大する。需要状況を見ながら、将来的には45万本まで拡大 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
インドネシア経済減速 1〜3月期5・06%成長 個人消費さえず
【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア中央統計局は7日、1〜3月期の実質国内総生産(GDP)の成長率が5.06%だったと発表した。2017年10〜12月期の5.19%から減速し、インドネシア政府が18年通年の目標とする5.4%にも届かなかった。GDPの半分以上を占める個人消費が伸び悩んでいるためで、外需主導で成長軌道に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
レバラン休暇、12連休は維持
インドネシアの地元メディアによると、政府は7日、今年のイスラム教の断食明け大祭(レバラン、6月15〜16日)に伴う長期休暇について、最大で12連休となる先の政府決定を維持すると発表した。有給休暇一斉消化日を3日間追加するとした先月18日の政府の決定に対し、産業界などから強い反発があり、見直しを含め再検討 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
オマーン航空、第3ターミナルへ移行
オマーン航空は8日、インドネシアの首都ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港の発着を、現行の第2ターミナルから第3ターミナルに移行する。7日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 第3ターミナルは昨年5月に国際線ターミナルとして供用を開始。国際航空連合スカイチー… 関連国・地域:インドネシア/中東. 関連業種: ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
インドネシア】こどもちゃれんじ、20年に6歳児まで対象に[媒体]
ベネッセ・インドネシアは、アニメ放送に加えて、ジャカルタ首都圏で毎週末イベントを実施している(同社提供). ベネッセコーポレーションのインドネシア法人ベネッセ・インドネシアは、7月にサービスを開始する幼児用学習教材「こどもちゃれんじ」の対象年齢を、2020年に6歳まで広げる。同年までにジャワ島とスマトラ島を .
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
Ponta、インドネシアで2000万突破:地元で大人気の便利屋GOJEKとも提携
日本でもおなじみのポイントサービス「Ponta(ポンタ)」がインドネシアで会員数が2,000万人を突破した。「Ponta」は2015年2月、インドネシアでサービスの本格展開を開始。インドネシア全域をカバーする最大の共通ポイントサービスとして成長。2016年7月には会員数1000万人突破。2018年4月9日、会員数2000万人を突破。
posted by Mark at 10:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。