最近の記事
header_logo.GIF

インドネシア語・インドネシア進出ならお任せ下さい。

2019年09月01日

カシューナッツの殻が無色透明材料に 廃棄バイオマスの活用 東京農工大 財経新聞

募集:グローバル・シーはベトナムからこの研究で使われるカシューナッツ
シェルオイル(CNSL)を月に1万5000トン輸入できます。 
記事の詳細は下記です。

東京農工大学大学院の兼橋真二助教、荻野賢司教授、下村武史教授は、
廃棄バイオマスであるカシューナッツの殻から得られる天然油より、
バイオベースポリマーを開発した。

 このポリマーは、材料形成時に環境や人体に有害なホルムアルデヒドや
重金属触媒などの化合物を使用しない。さらに、室温で塗料、フィルム
などへの無溶剤形成が可能で、耐熱性・柔軟性がある。

カシューオイル製品で達成が困難であった光学的無色透明化および物性の
経時変化の抑制に成功している。

■再生可能な非可食バイオマスの利用
 地球温暖化や化石燃料の枯渇などの環境問題を受け、持続可能社会を
実現するために、低炭素社会やバイオマスとの共存を目指すようになった。
中でも量に限りのある化石資源に依存しない、カーボンニュートラル
(炭素循環量が中立であること)かつ再生可能なバイオマスの有効利用が
期待されており、非可食のバイオマスはなおさら注目の的である。

■カシューオイルの光重合
 今回の研究では、カシューナッツのうち非可食であるナッツの殻から
得られる「カシューオイル」に着目している。これを光重合し、室温で
形成可能なバイオベースポリマーを開発した。

 このポリマーは摂氏350度まで熱的に安定で、柔軟性にも富んでいる。
また、これまでのカシュー製品は無色透明化が難しく、物性の継時変化が
大きいという実用的課題があったが、これらの解決にも成功した。

■今後の展開
 この度のバイオベースポリマーは、通常利用されない廃棄バイオマスで
あるカシューナッツの殻を使用したものであった。

そしてホルムアルデヒドや重金属触媒、それに有機溶剤を使用していない。

さらに室温で材料形成可能で透明、柔軟、耐熱、速乾であると大変機能的である。

 そのため、これまでに使用されてこなかった様々な分野での開発や
新規材料開発への展開が期待される。東京農工大学大学院は、未利用
バイオマスを豊富に有する新興国において、新規バイオマス事業の開発に
よる技術支援・経済支援も展開するとしている。

posted by Mark at 23:53| Comment(0) | バイオマス原料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

海外こぼれ話】インドネシア人男性、森林破壊に警鐘を鳴らそうと…

【海外こぼれ話】インドネシア人男性、森林破壊に警鐘を鳴らそうと…
森林破壊に警鐘を鳴らそうとインドネシアの男性(43)が、ジャワ島の自宅から首都ジャカルタまでの約700キロを、後ろ向きでの踏破にチャレンジしている。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
現代の恐竜島、閉鎖で大騒動
こうした中、インドネシア政府や地元東ヌサテンガラ州政府などはコモドドラゴンの保護を目的として1800頭と最も生息数が多い、コモド島への観光客の立ち入り ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
テイクオフ:夏休みを利用して北関東…
日本語の分からないインドネシア人観光客がこれを聞いたらどう感じるのだろう。「日本にも独自のアザーンがあるのか」なんて思われているのではないかと、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
専門家15人で個別相談 日系企業進出を包括支援 ジェトロ
日本貿易振興機構(ジェトロ)は法律や市場調査などの専門家15人と協力し、中小企業のインドネシア進出を支援する事業を始めた。すでに進出している企業も ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
現代の恐竜島、閉鎖で大騒動
大塚智彦(Pan Asia News 記者). 「大塚智彦の東南アジア万華鏡」. 【まとめ】. ・コモドドラゴン保護のためインドネシアで生息地の立入禁止。 ・生息地閉鎖に観光 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
被災地交流が縁でワインコーヒー 東松島とインドネシア /宮城
東日本大震災で被災した東松島市で、いっぷう変わった飲み物が売り出されている。コーヒー豆を発酵させた「ワインコーヒー」で、インドネシアバンダアチェ市で ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
米中通貨戦争の兆し、ルピアへの影響少ない
インドネシア中央銀行の金融管理部門責任者、ナナン氏は「米中通貨戦争に備え、投資家は資金を安全な資産に移しているが、これは一時的な措置。市場が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地震津波の被災地パル、3港湾や空港を再建
インドネシアのブディ運輸相は、昨年9月の地震と津波で大きな被害を受けた中スラウェシ州パルと周辺地域で、3港湾を含むインフラの再建計画を明らかにした。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アダプティブな対話式ICT教材「すらら」導入校が1000校突破
を提供しており、スリランカとインドネシアで現地のインターナショナルスクールや私立学校での導入が進み、導入校数は33校(前年同月比9校増加)となった。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ミシュラン WWFフランスとのパートナーシップを更新
期間は4年で、持続可能な天然ゴム調達に向けた活動やインドネシでの森林保護プロジェクト、サステナブルモビリティ、生物多様性の保護を推進する
posted by Mark at 18:02| Comment(0) | バイオマス原料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

パーム脂肪酸 安価で大量に販売できます!バイオマス発電にどうぞ

Palm Fatty Acid Destillate(PFAD)は粗パーム油(CPO)

 

から精製してできる脂肪酸で、Palm Acid Oil(PAO)よりも高品質です。

CIF日本で$500/MTで納入可能です。

  

スペックは

     

Free Fatty Acid   91.28%(Min 70%)

  

Moisture & Impurities  0.328%     (Max 1%)

 

Total Saponifiable Matter      99.672%    (Min 95%) 

 

原産:インドネシア

    
数量は毎月1万トンくらい納入可能です。  

詳しくは、グローバルシーにお問合せください。

 
posted by Mark at 17:39| Comment(0) | バイオマス原料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料 by グローバルシー

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:50| Comment(0) | バイオマス原料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする