最近の記事
header_logo.GIF

インドネシア語・インドネシア進出ならお任せ下さい。

2019年07月14日

インドネシア産原油下落、6月積み 日本経済新聞 主に発電用に使うスマトラライトは1バレル61.84ドルと5月積みに比べ10.4%安い。指標となるロンドン市場の北海ブレント原油が6月、5月の平均価格を下回った ...

インドネシア産原油下落、6月積み
主に発電用に使うスマトラライトは1バレル61.84ドルと5月積みに比べ10.4%安い。指標となるロンドン市場の北海ブレント原油が6月、5月の平均価格を下回った ...
posted by Mark at 00:02| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

の長距離送 ...

インドネシアのカカオ農家を本気にさせた実業家
インドネシアは、世界第3位のカカオ生産量を誇る。だが、インドネシアのカカオはこれまで日本へはほとんど輸入されてこなかった。生み出されるカカオ豆の品質 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
17日はインドとインドネシアが休場
【NQN香港】17日はインドとインドネシアが休場です。18日に取引を再開する予定です。 「インド」の記事を検索. 春割実施中!無料期間中の解約OK! 日経電子 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
“奇跡のフルーツ”ノニ配合の「インドネシア伝承スカルプケアRambut」シリーズ俳優・石田純一さんも愛用 ...
株式会社Rambut]. 2017年9月に販売開始したスカルプケアブランド「インドネシ伝承スカルプケアRambut」が、2019年4月1日に累計出荷本数30,000本を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
インドネシアのマーケットプレイス最大手Tokopedia、ンドネシア大学にAI研究開発センターを設立
インドネシアの e コマース大手 Tokopediaとインドネシア大学(Universitas Indonesia)は3月28日、西ジャワ州デポックにある大学キャンパスに AI 開発 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
“奇跡のフルーツ”ノニ配合の「インドネシア伝承スカルプケアRambut」シリーズ俳優・石田純一さんも愛用 ...
2017年9月に販売開始したスカルプケアブランド「インドネシ伝承スカルプケアRambut」が、2019年4月1日に累計出荷本数30,000本を達成いたしました。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
インドネシアの伝統工芸「バティック」を、日本へ。PT.Rentracks Cocreation Indonesia がクラウドファン ...
インドネシアで有名な伝統工芸品のひとつ、「バティック」を使った衣類は、インドネシアでは会議や式典で着用する正装として扱われています。一方で、「伝統的な ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
民泊の一括検索サービス「StayList」が新たにマレー語、インドネシア語に対応
株式会社StayListは4月15日、同社が運営する民泊の一括検索サービス「StayList」が新たにマレー語、インドネシア語の2言語に対応したことを公表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
インドネシア首都圏LRT用 国産車両納入へ
国営車両製造インカはこのほど、東ジャワ州マディウン工場で製造中の次世代交通システム(LRT)のLRTジャボデベック用車両を近く納入する見通しを明らかに ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
テラドローンインドネシア日本における主要電力研究機関の協力の下、国営電力会社PLNの長距離送 ...
テラドローンインドネシアは、(一財)電力中央研究所*1(本社:東京都千代田区、理事長: 松浦昌則、以下 電中研)の協力の下、ドローンを使用した送電線点検の ...
posted by Mark at 23:13| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

第2回 日本・インドネシア環境政策対話 結果等について ---チタルム川水質改善に関する協力事項等を盛り込んだ共同声明が発表されました。

第2回 日本・インドネシア環境政策対話 結果等について

     ---チタルム川水質改善に関する協力事項等を盛り込んだ共同声明が発表されました。

    http://www.env.go.jp/press/105843.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

武部環境大臣政務官は、インドネシアに出張し、第2回日本・インドネシア環境政策対話を行ったほか、

第3回日本・インドネシア廃棄物発電推進合同委員会、環境林業省の環境管理センター(EMC)のシンポジウムに出席し、また、ルフット海洋担当調整大臣等のインドネシアの要人と今後の環境協力について意見交換を行いました。

○結果概要

1)第2回日本・インドネシア環境政策対話

日本国環境省とインドネシア環境林業省は、平成29年4月に、

両国間の「環境分野での協力に関する協力覚書」の更新に署名しております。

同覚書に基づき、武部環境大臣政務官とシティ環境林業大臣出席のもと、第2回日本・インドネシア環境政策対話を開催し、

チタルム川水質改善に関する協力事項等を盛り込んだ共同声明を発表しました。

 

2)第3回日本・インドネシア廃棄物発電推進合同委員会

インドネシアにおける廃棄物発電の推進のため、昨年9月に設立した両国の合同委員会の第三回会合を開催しました

今回、西ジャワ州で進められている廃棄物発電プロジェクトへの我が国からの具体的な協力を表明するとともに、

インドネシア各都市における進捗状況や同国大統領令に基づく廃棄物発電の導入促進等について議論しました。

 

3)環境林業省環境管理センター(EMC)25周年記念シンポジウム

EMCは、1993年に約30億円のODA(無償資金協力)で、

環境モニタリングシステムの構築、環境情報の収集・分析・提供、政府職員等の研修を行うことを目的に設立されました。

センターの25周年記念シンポジウムが開催されたほか、日本も設立に協力した、

水俣条約に基づくインドネシア国内の取組を達成するための「水銀研究・モニタリング委員会」の発足が発表されました。

 

4)インドネシア現地要人との会談

ルフット海洋調整担当大臣と、チタルム川水質改善に関る協力を始め、廃棄物発電や、

海洋プラスチック問題などの分野での両国の連携について意見交換を行いました。

また、アグス国家調達庁長官とは廃棄物発電導入促進について意見交換を行いました。

西ジャワ州のモハマド知事代行とは廃棄物発電導入促進やチタルム川の水質改善について意見交換を行い、

西ジャワ州における廃棄物発電プロジェクトの実現に向けた意思を確認しました。

 

──────────────────────────────

≪お問合せ先≫

環境省 地球環境局 国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

担当:早坂

TEL03-3581-3351

posted by Mark at 21:29| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

世界最大規模の地熱発電、3号機が商業運転

世界最大規模の地熱発電、3号機が商業運転
九州電力や伊藤忠商事、国際石油開発帝石(INPEX)などが共同出資する、インドネシア・北スマトラ州のサルーラ地熱発電所の3号機(出力10万9,000 .
posted by Mark at 09:46| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

地熱発電に融資締結 丸紅や東北電力参画 5億4000万ドル (2018年03月26日)


民間発電事業デベロッパーのシュプリーム・エナジー社や丸紅、東北電力などが推進する南スマトラ州ランタウ・デダップ地区の地熱発電事業で、国際協力銀行(JBIC)などとの間で融資契約が結ばれたことがわかった。融資額は5億4千万ドルで98.4メガワット(MW)を開発する。2010年ごろから進められてきた計画が、資金確保により大きく進展しそうだ。         

 地熱発電事業は同州ムアラエニム県やラハット県、パガルアラム市にまたがるランタウ・デダップ地熱資源区一帯を対象としている。
 エネルギー鉱物資源省関係者はじゃかるた新聞の取材に対し、「事業会社シュプリーム・エナジー・ランタウ・デダップ(SERD)が23日、JBICとアジア開発銀行(ADB)、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの日本のメガバンク3行から、資金調達するプロジェクト融資契約を結んだ」と明らかにした。融資に関しては日本貿易保険(NEXI)による保険が適用される。
 合弁企業SERDへの出資比率の内訳はシュプリーム・エナジー16%、丸紅32%、欧州系大手エネルギー会社エンジー42%、東北電力10%。
 同地区の地熱発電は、10年にシュプリーム・エナジーとエンジーの前身GDFスエズが開発権を獲得し、11年に丸紅が参画した。12年に国営電力PLNと30年間の長期売電契約を締結したが、目標としていた16年の稼働からは遅れていた。
 18年3月に東北電力が海外初の地熱案件として参入。「ベストなプレーヤーがそろった」(同省幹部)状態で、資金調達のめども立ったことにより、本格的に発電所建設工事が進展していくことが期待される。
 地場プラントエンジニアリング・レカヤサ・インダストリと富士電機が設計・調達・建設(EPC)業務を請け負う。
 20年後半の完工、商業運転開始を目指す。同省は発電所建設により、再生可能エネルギーで約13万世帯に電気を供給できるようになると同時に、山間部地域に約1200人分の雇用をもたらすとしている。
 シュプリーム・エナジーは西スマトラ州ムアララボとランプン州ラジャバサでも住友商事やエンジーと共に、地熱発電事業に取り組んでいる。ムアララボについては発電所を建設中で19年10月ごろの発電開始を予定している。
 インドネシアの地熱埋蔵量は約2万8千MW分とされ(同省)、米国に次ぐ世界2位。政府が再生可能エネルギー開発に取り組む上で、地熱への期待度は高い。(平野慧)

posted by Mark at 01:43| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

インドネシア、発電用石炭に上限価格 国営電力を救済 日本経済新聞 【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア政府は9日、同国内の火力発電用の石炭


上限価格は2019年末までの時限措置で、PLNなどが持つ国内発電所で使われる石炭が対象となる。70ドルを下回った場合は時価で取引する
posted by Mark at 23:11| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

再生可能エネルギー政策、実現困難で岐路に NNA.ASIA インドネシア政府が推進する


インドネシア政府が推進する再生可能エネルギー政策が岐路に立たされている。国家総合エネルギー計画(RUEN)で定める再生可能エネルギーの電源開発は目標の達成が困難とみられており、産業界からも政府の施策に疑問の声が上がっている。
posted by Mark at 23:33| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

必須のローカル船のCPO輸出について


ジャカルタ。国の海上輸送を利用したCPOと石炭の輸出を求める政府の計画は、インドネシアのパーム油起業家協会(GAPKI)によって冷静に対応された。

Gapki副議長のMona Suryaは、この規制はCPOの輸出にとって障害となる可能性があると述べた。

モンタは、月曜日(11/12)にKontan.comと連絡を取ったとき、「国の輸出船は依然として限られているので、難しいと思われる。

モナは、国の船舶の数がCPOの輸出のニーズを満たすことができるかどうかを政府が最初に判断してほしいと拘束しないために、

「航海回数を調べると、輸出活動をすることができますか?」モナは尋ねました。

自身が10月26日に規制2017分の82セットに表示されます。この規制は、2017年の目標は、採用後6ヶ月間は、この規則を実行することができます。侵害された場合、輸出者は取り消されるまで中断する可能性がある。

一方、国の海上輸送に加えて、この規制は、輸出者に国内企業の保険を使用するよう要求している。保険の問題、モナはより実現可能と考えられた。

「保険はまだ可能だが、任命された国民保険と貨物保険の輸出をカバーできる人に依存している  」と彼は説明した。

意見の相違にもかかわらず、Monaは引き続きこの規制を支持しています。彼は言ったので、それは国の海運業界の競争力を高めることができます。

「インドネシアの海運会社にはいいですから、インドネシア海運会社は現在、インドネシア海域でのプレーが多いだけです。輸出ラインの機会を開くことができる」と続けた。

出典:Kontan.com

posted by Mark at 09:39| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする