最近の記事
header_logo.GIF

インドネシア語・インドネシア進出ならお任せ下さい。

2018年10月26日

インドネシアにおける日本発着クルーズの魅力に関する講演及び商談会の参加  (結果報告)

インドネシアにおける日本発着クルーズの魅力に関する講演及び商談会の参加
 (結果報告)
  http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji02_hh_000238.html

posted by Mark at 23:17| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

国営建設、スマトラ高速道に協調融資確保 NNA.ASIA インドネシアの国営


インドネシアの国営建設フタマ・カルヤは27日、国内の銀行7行から総額8兆ルピア(約670億円)の協調融資を獲得した。

スマトラ縦断高速道路のランプン州バカウヘニ―トゥルバンギブサール区間(140キロメートル)の建設に充てる。
posted by Mark at 07:35| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

MHPS、インドネシアの石炭火力発電所拡張プロジェクトの建設工事に着手

http://news.mynavi.jp/news/2017/11/17/033/

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は11月16日、東芝グループおよび韓国・現代建設との
コンソーシアムがインドネシアで受注した「チレボン石炭火力発電所拡張プロジェクト」
の建設工事に着手したと発表した。

チレボン石炭火力発電所拡張プロジェクトは、同コンソーシアムが、丸紅、
東京電力グループと中部電力による合弁会社のJERA、インドネシアのエネルギー企業
インディカ・エナジー、韓国の石炭企業サムタンおよび発電企業の韓国中部発電が
共同で出資するPT. Cirebon Energi Prasarana(CEPR)と締結したEPC(設計・調達・建設)
契約に基づき、フルターンキー方式によりジャワ島西部に出力100万kWの大規模超々臨界
圧石炭火力発電所を建設するもの。
posted by Mark at 15:19| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

インドネシア共和国におけるチレボン石炭火力発電所の拡張事業に対するプロジェクトファイナンス


  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:近藤 章)は、丸紅株式会社及び株式会社JERA等が出資するインドネシア共和国(以下「インドネシア」)法人PT. Cirebon Energi Prasarana(以下「CEPR」)との間で、同国チレボン石炭火力発電所拡張事業を対象として、本年4月18日に融資金額約731百万米ドル(JBIC分)を限度とするプロジェクトファイナンス*1による貸付契約を締結しています。当該貸付契約に基づき、本日、初回の融資を実行しました*2。本融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行、及びアイエヌジーバンクエヌ・ヴイの各民間金融機関並びに韓国輸出入銀行との協調融資です。協調融資総額は約1,740百万米ドルです。民間金融機関の融資部分に対しては株式会社日本貿易保険(NEXI)による保険及び韓国輸出入銀行による保証が供与されます。
     
  2. 本プロジェクトは、CEPRがインドネシア西ジャワ州チレボン県において、発電容量1,000MW(1,000MW×1基)の超々臨界圧石炭火力発電所を建設・所有・操業し、25年に亘りインドネシア国営電力公社(PT PLN(Persero))に対して売電するものです。
     
  3. 本融資は、日本企業が出資者として事業参画し、日本の高い技術を用いて長期に亘り運営・管理に携わる海外インフラ事業を金融面から支援するものであり、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。また、日本政府は、2017年5月に改訂した「インフラシステム輸出戦略」において、インフラの設計・建設・運営・管理を含むシステムの受注や現地での「事業投資」の拡大を表明しており、本件はこうした政府の施策にも合致するものです。なお、本プロジェクトは超々臨界圧石炭火力IPP*3プロジェクトであり、同国における効率的かつ環境に優しい技術導入を実現するものです。
     
  4. インドネシアでは安定した経済成長により電力需要が増大していることから、同国政府は2015〜2019年の間に35GWの発電能力増強を推進しており、本事業も同電源開発計画に位置付けられています。本融資は、インドネシアにおける安定した電力供給による経済発展にも貢献することが期待されます。
     
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、他国公的機関とも連携しながら日本企業による海外インフラ事業展開を金融面から支援していきます。
posted by Mark at 23:27| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドネシアの港湾施設建設に1200億円の円借款供与へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011222361000.html

日本とインドネシアの両政府は、首都ジャカルタの東およそ120キロにあるパティンバンで計画されている国内最大級となる新たな港湾施設を整備する事業について、去年、日本の円借款で開発することで合意
posted by Mark at 09:21| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

自動車正規販売店のアフターサービス評価、インドネシアでマツダとトヨタ首位 JDパワー調査

http://www.newsclip.be/article/2017/11/13/34625.html

2017年インドネシア自動車サービス満足度(CSI)」調査で、
マツダとトヨタが1000点満点中774点で首位に立った。

2位以下は順に、ダイハツ770点、ダットサン769点、
ホンダ768点、三菱自動車767点、シボレー763点、
スズキ763点、日産756点。

 業界平均は770点だった。
posted by Mark at 10:41| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする